絵本を勝手に解釈書評と勝手な副題

アクセスカウンタ

zoom RSS 「100万回生きた猫」 佐野 洋子 〜猫進化論

<<   作成日時 : 2013/07/13 01:50   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

絵本は大体ハッピーエンドが主流。そして意外と大きなポーションを占めるウンチジャンル
そんな大体な絵本界において珍しく泣ける絵本の代表作

ホント、ウンチジャンルの風上に置いておきたい1冊


100万回生きた猫

タイトルからして、100%の確率でこの猫死ぬなというオチが見える

いつ泣くか?
今でしょ?!

という泣きポイントを思わず探してしまう展開。。。。。

でも、本当に泣ける絵本です。自分が子供頃に読んでもらってた時に、親が泣いてたのを思い出しました。


100万回生きたねこ (佐野洋子の絵本 (1))
講談社
佐野 洋子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 100万回生きたねこ (佐野洋子の絵本 (1)) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



掻い摘んで内容を説明すると、猫が100万回輪廻転生したけど、最後にLovelyな白猫とビッグダディな生活を営んだ後に、Lovelyな白猫の後を追うように死んだら、生き返らなかった、白猫もこんな↓本出すヤツじゃなくてよかった、メデタシメデタシ。


ハダカの美奈子
講談社
林下 美奈子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ハダカの美奈子 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



って、「死んだらメデタイ」ってどういうことよ?

と、ワリと物議を醸す内容。途中、猫が「俺は100万回、死んだんだぜ」と自慢するのですが、おい、ちょっとまて、つまり、100万+1回生きてるってことだよな?

つまり、タイトルは「100万1回生きた猫」か「100万回生き返った猫」が正しいのでは?

感動の1冊のハズだったが、なんという、ディスりがいのある1冊。


下記のサイトによると、現在の所謂イエネコは1200万年前に登場した模様
http://www.konekono-heya.com/history/evolution.html

ちなみにこんなネコ↓
http://www.konekono-heya.com/history/images/evolution6.jpg

作品中では、サーカスや乗船中、また戦争で早死にした場合と、おばあさんよりもウッカリ長生きしてしまった場合があるので、平均して数年で死んだ、と仮定すると、100万回輪廻を繰り返したとすると、十分に計算が合う。


しかし、一方で、ネコが人間と一緒に住んでいた、という部分については、疑問を抱かざる得ない。

人間の祖先のホモサピエンスは15万年くらいにアフリカで誕生した(アフリカ単一紀元説)らしい。グーフィーとプルートの違いを気にしないくらい100万歩譲っても、この猫を可愛がる人が必ず居た、という冒頭の行の計算が、かなり短命でないと合わない。

下記の商品を売り出す花王のサイトによると、




野生で単独生活を行っていた猫が人と暮らすようになったのは、今から約5000年ほど前の北アフリカ東北部の古代エジプト。ナイル川流域の肥沃な農地で穫れた小麦や大麦を蓄えていた穀物倉庫を荒らすネズミを獲物とするために、猫が倉庫の中にすみついたのがきっかけだと考えられています。


ということらしい。

つまり、諸説あるも5000年くらい前からしか、猫は誰かの猫である可能性が低いと言うことになる。5000年の間に100万回死ぬためには、平均寿命が0.005年つまり約1.8日で輪廻を繰り返す必要がある。

おい、ドンだけ短命なんや!

泣けてきた。。。いや、もしかすると、大体の人はこの短命さに泣いていた、ということなのだろうか?

計算はあってないけど、話はあってきた


いやいや、この話の肝である、自由なドラ猫になり、ビッグダディ並に「俺は自由なんや、避妊は1回もせーへん流儀なんや」という、「やっと自由になった」というストーリーラインに重大な疑問が出るとは。。。。

ビッグダディの流儀
主婦と生活社
林下 清志
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ビッグダディの流儀 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




とりあえず、タイトルの回数は間違えていると思うので直したほうがよろしい

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「100万回生きた猫」 佐野 洋子 〜猫進化論 絵本を勝手に解釈書評と勝手な副題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる