「うさこちゃんの入院」 ディック ブルーナ ~コンビニ入院

http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS2902L_Z20C13A8MM8000/
「大病院、紹介状ない初診「1万円」 患者分散へ」

ちょっとした症状でも大きな病院に行く人が多いので、抑止効果を狙って、最初から大病院に行くとペナルティ的に1万円取られるという話。

この前、ウッカリ、早朝に病院にかかって、そこそこ大病院だったので、選定+大病院初診でとっても金がかかりました。これがさらに金がかかるようになる。まぁ、コンビニ受診は良くないよね、と思うし、家の近くの病院の方が通いやすいので、逆に地域の協力病院なる病院に逆に紹介状を書いてもらいました。

紹介状料金と近所のクリニックで初診料と投薬、加えて実際のお薬代がシッカリ取られる。で、このクリニックはペラッペラの紹介状だけで「はい、OK」とも言えないので、患者から話を聞き出すしかないのですが、結論は大病院と変わらず。。。。全く付加価値が無い時間なのに、3割負担でシッカリ1000円くらいは取られる。


おい!コンビニ受診もイカンが、そもそも医療に無駄が多くない?

ITCとやらで医療情報を、さっさと交換しろ。


まぁ、このクリニックも人口密度が高い場所にあるので、大量の人が押しかけ、朝と夕方でそれぞれ60人までしか患者を受け付けないようにしています。客(?)単価が3000円位(3割負担で1000円くらい)として、120人×3000円×250営業日=9000万が一年の売り上げで、医者一人(たまに代診あり)と看護師2名と医療事務3名の大所帯。クリニックは大型ショッピングモールの中に入っているので、家賃もかかる。無駄が多いワリに意外と儲からないね。


医療費自体はメチャクチャ規模が大きいのに、誰も得してないような?






という、話はさておき、うさこちゃん、喉が痛いということで、病院に行ったら、即入院。。。。

入院したらしたで、即攻直るのですけど、、、


「わたし にゅういん するの ほんとは きらいじゃ ないんだわ」と呟くうさこちゃん。コンビニ受診ならぬ、コンビニ入院疑惑を彷彿とさせますが、ココで話が終わってしまっているので、うさこちゃんの本当の病気が気になるところです。


絵本では、あまり扱うことの無いテーマである病気、しかも入院。良い結論でありますように。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック