絵本を勝手に解釈書評と勝手な副題

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ももんちゃんぽっぽー」 とよた かずひこ 〜クドカン・マジック

<<   作成日時 : 2013/09/08 22:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ももんちゃんが、しゅっしゅー・・・・と言うと、ぽっぽっぽーと、どこからとも無く現れる、サボテンとオバケと魚、どれ一つとっても歩きづらさそうな3人+ももんちゃんが汽車ゴッゴで遊びます。のっけから突っ込みどころ満載ですが、汽車がトンネルをくくると。。。


ももんちゃんぽっぽー (ももんちゃんあそぼう)
童心社
とよた かずひこ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ももんちゃんぽっぽー (ももんちゃんあそぼう) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



さて、サボテンは百歩譲って良いとして、オバケは足がないので汽車ゴッコに集合するも参加せず。なぜ、わざわざオバケを描写したのかは謎ですが、魚もそこそこ足が無い。半人、半魚であっても足が無いのが魚。。。。

イメージとしては、ぷよぷよのすけとうだらのノリでしょうか?

すけとうだらとは、ぷよぷよ、魔導物語シリーズの登場するキモチワルイサカナである。

気持ち悪いって、、、、すげーキャプションだな・・・・。


ももんちゃんの汽車ぽっぽは、坂を上ったり、下ったり。
かつて、小泉首相が言いました。「人生、上り坂もあれば、下り坂もあり、そして「まさか」もある」と。


それ、坂ちゃうやん。。。。


そう言えば、先週のあまちゃん、、、、先々週の終わり方的に日本国民の大半が、ゆいちゃん死ぬよね、とあらぬ期待感を持たせる展開。

ゆいちゃん生きてて良かったね

先々週の終わり方が、絶対死ぬな的な演出だっただけでなく、先週の月曜日の中でもヒドイ。トンネルの中で止まった後も、大吉さんだけが電車の中から出てトンネルの外に向かうという行、、、どう考えてもイケナイ期待感を誘いますよね?。あまちゃんの視聴率って20%位あるらしいですけど、国民の20%の大体殆どの人が、「ゆいちゃん死ね」と微妙に期待するという事実。。。。公共放送にあるまじき演出。

予告編で「アキちゃんにウニを投げたのはゆいちゃんなんだよー」と、私はゆいちゃん生きてる派を気取りながら、若干、月曜日はドキドキしながらテレビをつけてしまうヤツ、、、欺瞞に満ち溢れてますね。


というか、クドカンの悪ふざけが酷すぎる

まぁ、違った意味で「まさか」で良かったですね。とりあえず、先週月曜日のあまちゃんをドキドキしながら観たアナタ、イカンです!


話を戻して、ももんちゃんが、中々、トンネルから出てきません。というか、汽車ゴッコで本物のトンネルに入るなど、コンビニ冷蔵庫に入ったり、餃子の王将でハダカでモブるよりも、悪ふざけにも程がある。

一歩間違えれば、それこそ死ぬ!


ももんちゃん・・・・出てこない。。。。死んだ?


と、思いきや、まさかの本物の汽車を引っ張り出すももんちゃん。。。。


無事でよかった!


とても欺瞞にあふれる感じでよろしくお願いします。




ちなみに本物の汽車が出てきた後は、さして面白い展開は特に無い。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「ももんちゃんぽっぽー」 とよた かずひこ 〜クドカン・マジック 絵本を勝手に解釈書評と勝手な副題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる