「アナと雪の女王 エルサのおくりもの」 ~エルサ経済圏の今後

いつの間にか10月ですね。 しかも、それも終わりかけです
そろそろLet it goのリフレインは頭から離れたでしょうか?

昨日、子供の予防注射のために小児科に行ったんですね。 病室にもシッカリとエルサネェさんがいらっしゃいましたよ

どこまでエルサ頼みなのかと。。。ついでに妖怪ウォッチも張ってはどうでしょう?

近所のAEONに行けば、アナ雪と妖怪ウォッチで客を釣る作戦の商品だらけですね。妖怪ウォッチは孫を持つジジイとババアをも巻き込み争奪戦の夏だったわけで、悪質です。 群馬の山奥で開催されていた朝市でも、北海道のカントリーサイドの収穫祭でも、農産物を買うと妖怪ウォッチのグッズがもらえるという妖怪ウォッチ頼みなエコノミクス。 ホンマ、妖怪ようでるワ

消費税増税の余波で値段を変えずに商品やサービスを少しだけデグレードさせる工夫を強いられているにもかかわらず、キャラでデグレードをごまかしているのか、意外とコストがかからずキャラクターを使えるのか、どちらか知りませんが、ちょっとキャラ頼み過ぎね?

きっと、妖怪のせいですね


妖怪ウォッチはシリーズモノなので息が長いのですが、アナ雪は単発モノなのでソロソロ終わりじゃね?と思っている矢先、、、、まさかの続編!





アレンデールに夏が戻ってきた後のお話、ということです。 アナのためのパーティーでエルサがシークレットサプライズを仕込む、というなんともAmericanなストーリーなんですが、そのサプライズには触れないようにしておきますね

パーティってことで、エルサのブチ切れサプライズのリフレインを期待したいところですが、天下のディズニー様がそんな吉本新喜劇的なストーリーにするわけもないのですが、キチンと前編からの複線は踏み外さない軸のブレなさっぷりです。 一方で、オラフは相変わらず解けかけてますけどね、、、、、まぁ、エルサの魔法でチョイチョイですわ


さすがネェさん、魔法の力をコントロールしきっている


エルサはクリストフが運んできた氷でアナの氷の像の彫刻を作ります。 おい、氷から作れよ!とゲスなツッコミを入れたいところですが、クリストフの氷運びは、貿易で栄えるアレンデールの社会福祉の一環なので、クリストフは未だに氷を運んでいるようです。 まぁ、氷の魔法で一回死に掛けたアナにとっては、自身の氷像なんてチョットしたトラウマだと思いますけどね。。。。。

続編としては、クリストフとアナが結婚して、子供3人くらいいるってところから始めて欲しかったのですが、色んな事情でそういう話はマダマダ先のようです


おネェさんを差し置いて、結婚も出産もありえない


アレンデールは意外と保守的な国のようです。 おい、誰かエルサに良い男を紹介してヤレ

まぁ、密かにオラフがエルサを狙っているのは知ってますけどね。 トロトロになったオラフをエルサがシャキっとさせる大人のプレーはいつまで続くのでしょうか?

絵本の裏表紙を見るまでは、パラレルワールド?と思いきや、シッカリ続編。 なんやかんやで下火になった頃に次のストーリーで客を引っ張るさすがのディズニー


個人的には、同じキャラ頼みでもコレはチョット感動した



画像


まぁ、美味しくないので、あっという間に店頭から姿を消しましたけどね



あっ、ちなみにハンス王子は登場しなかったので処刑されたんだと思います

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック