「そらまめくんのベッド」 なかやみわ ~ほろ苦いSTAPの思い出

12月というか今年が終わろうとしています

思い出せば今年の初めに世間というか世界を驚かせたSTAP細胞も年内に色々と決着が着いたようです。 というか、これ今年の話だったんですね。 今年はなんか色々ありすぎて随分前の話にも思えてしまいます

そんなこんな12月ですが、先日、とあるカフェでコーヒー飲んでたんですね

カフェには色んな人がいます。 ドヤっ!俺!ノマドや!的な感じでMac広げてる人とか、後妻さんと相続で揉めてる人とか、マジ!この情報商材熱いっす的な人とか、さっきの営業、大失敗的な人とか、こないだの地方出張中に呼んだデリヘルの思い出に浸る人とか、リクナビで120社エントリしてみたわ的な人とか・・・・・


なんというネタの宝庫


一日コーヒー飲んでるだけで小説書けるんじゃないかというレベル。 そんなカフェですけど、この間、珍しい光景に出くわしました。 なんか、履歴書を広げてるんですよ。 というか面接してるんですよ・・・・そのカフェの・・・


そんなの店の事務所でやれよ、と思うんですけど、普通に客席で店長と思しき人とバイトの申し込みに来た方とが履歴書をおっぴろげて面接してるんですね


おい!それはアリなのか?!


もうね、自分の用事なんかスッカリ忘れて耳がダンボですよ。 まぁ、世間的にはちょっとオシャレなカフェとして通っている某チェーン店ですから、バイトも普通のアルバイトというかちょっとしたキャスト的な扱いで、公開オーディション位なんのその、なのかもしれませんが。。。。


正直、学生時代に打ち込んだ事、とか仕事する上でなんの関係があるのか意味不明なのですが、一応、バイトの面接でもそういうこと聞くんですね。 学生時代に打ち込んだ事って勉強以外に何があるのか、とも思うのですけど、


演劇やってました。 まぁ、でも裏方中心ですけどね


って、なんのアピールかサッパリわからん。 というか、ちょっとカワイイ感じの子なので正直、「裏方中心」というあたりに何か意味が有りそうで気になってしょうがない。 ちなみに志望動機が


キャリアアップ


らしいです。 なんでも今やっている別のコーヒーチェーンでのバイト経験を活かしたいとのこと。。。。


それ、キャリアアップというか、単なる競合他社への転職ですね


まぁ、でもバイトでもなんでも連続性があるのは良いことだと思います。 そうすると、将来の行き着く先が気になりますよね。 で、店長が聞くわけですよ、、、、、


将来は、どういう人になりたいの?


と、、、、


コーヒーでみんなを幸せにすることです!


ハイ!100点満点の回答ですよ!・・・・・質問が「将来の夢は?」だったらですけど。。。。 まぁ、そうだったとしても、だから何というレベルなんですけど、コーヒー業界では重要なことなのかもしれません。 なんでも、個人的に何かのアンバサダーをやっているとこのと。 まぁ、もしかしたらネスカフェアンバサダーのことなのかもしれませんが、この人のコーヒーにかける情熱はハンパねぇ


つーか、店長、ここは顔採用だ。 正直、お前の店は、世間的には顔面コードが存在するという噂があるチェーン店の一角を成す割には、若干、個性派ぞろいの店だ。 まぁ、若干、店長自身も個性派だけどな。 まぁ、でも、今こそ、元演劇部(の裏方)で何かのアンバサダーで(多分)タレント志望で顔面偏差値が高めのこの人を採用すべきだ!


と、勝手に心の中で呟きながら、必死で真冬のフラペチーノのチョット吸い込み切れなかったところ頑張っている自分・・・・あると思います


が、店長、まさかの


不採用


つーか、一旦、嘘でもいいから持ち帰れよ。。。。。その場で履歴書をお返しする流れに・・・・・。 カフェの面接ってことなので、コーヒー飲みながらの面接なのですが、中にはキレてコーヒーを店長にぶっ掛ける奴もいるんじゃないかと思う危険なシチュエーションです。 コーヒーの飲み方とかチェックしてンるだろうか。。。。


斯くして、No Coffe豆でFinishした彼女の休日の過ごし方は


独学でコーヒー豆の勉強をすること


うん・・・・それならカフェよりもCALDIでのバイトの方が向いている。。。。



さて、コーヒー豆は「豆」というよりも木の実の「種」だと思うのですけどね。 まぁ、豆も「種」と言われれば「種」なのでどうでもいいです。 これまでの下りも単にコノ↓絵本に繋げたかったが故のフィクションです


そらまめくんのベッド (こどものとも傑作集)
福音館書店
なかや みわ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by そらまめくんのベッド (こどものとも傑作集) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




豆どもが大騒ぎの人気シリーズの(多分)第1弾の作品です


そらまめくんのベッドへの拘りの理由は一切明かされませんが、そらまめくんシリーズのフレームワークになっている「そらまめくん=Bed LOVE」の原点とも言える作品です。 ウズラの卵とそらまめのデカさって若干違和感があるのですけど、そらまめくんのフワフワベッドでウズラの卵が孵化するというハートフルストーリー


全東京都民が涙した!



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック